ウユニ塩湖はどんな場所?

ウユニ塩湖はどんな場所?

10月 22nd, 2014

ウユニ塩湖とは、ボリビアの中央西部にある塩の大地です。
地元ではウユニ塩原というのが正式名ですが、一般的にはウユニ塩湖と呼ばれています。
この土地は、まさしく地面が塩で出来ています。
乾期では、塩の上を自転車・自動車で走行することが出来てしまいます。
しかし一番のこの時の見どころは、雨季の景色です。
このウユニ塩原は、高低差が全くない土地で、最高でも50センチしかありません。そんな土地に雨季が来て冠水すると、水は波が立たないほどに薄く広がります。波が立たなければ、水は景色をくっきりと映しだすので、素晴らしい透明感を伴った鏡のようになります。
この、ウユニ塩湖の鏡の光景は、非常に世界的に有名です。
地元の人々が、塩原を削って生成した塩も、名産品として知られています。味わいに自然の深みが出ると評判で、有名レストランからも引っ張りだこの天然塩です。
また、塩で作られたホテルも建造されており、観光客を喜ばせています。
ウユニ塩湖は、まさに塩のパラダイスなのです。
ウユニ塩湖の塩のホテルに泊まりたい人はここのツアーを紹介します。

地上の天国、ウユニ塩湖

10月 5th, 2014

写真やCMなどで一度は目にしたことがあるウユニ塩湖ですが、私はまだいったことがありません。
でも、死ぬ前に一度は絶対に見たい!と思う方は多いのではないでしょうか?私もその中の一人です。
去年行く予定を立てたのですが悔しくも仕事の都合で行けなくなり次の機会を考えているのですが、行きたいと思った理由は、やはりあの「上も下も空の中を歩く景色」じゃないでしょうか。
360℃どこを見ても天地、空が続く景色は写真を見ただけでも癒されるので是非見たことのない方は見てみると行きたくなると思いますよ。
何処かの旅行サイトにもまるで地上の天国のようだ、と書いてあったのが印象に残っています。
ウユニ塩湖に行くのは雨季の時期があの景色を見れる時期だそうです、見に行くとき宿泊はその塩湖内で岩塩で出来た宿泊施設にも泊まれるそうです。
夜は何もない絶景の夜空を見ながら食事をしたり、日本では感じられない景色に思い焦がれています。
本当に地球の大自然を満喫しに行くにはとてもよい場所だと思っています。

ウユニ塩湖の絶景と呼ばれる天空の鏡

9月 26th, 2014

ウユニ塩湖とは絶景で知られる塩の大地ですが雨季の時期になると大地に水が張りまるで鏡のような働きを見せて大空を大地に映し出し上も下も分からなくなるほどの錯覚を起こしてしまうほど綺麗な世界に変えてしまう絶景の場所です。ウユニ塩湖はボリビアの西側に位置する小さな町にありそこから1時間程車で進むとある塩の大地ですが日本からだと40時間かかる長旅となりますがその天空の鏡と呼ばれる世界を眺めようと見に行かれる方は後を絶たない程の人気スポットとなっているようです。そしてウユニ塩湖の塩を国内に販売もされていて(日本にも最近では販売されているようです)その方法は表面の塩を削り取って塩を小山にし乾燥させてから取る方法とブロック方に切り出して取る方法があるようです。塩の大地ウユニ塩湖は高低差が数十センチほどしかなく世界でも指折りの平らな大地とされているようでそれもあり水が平らに広がり綺麗な天空の鏡に変化するようです。